初めてのお歳暮について

初めてのお歳暮について

自分はつい最近社会になったばかりですが、そういった訳でお歳暮をいうものを考えないといけなくなりました。

 

一応実家と上司に送ることになりましたが、上司はそこまで気にしていない感じなので助かりました。

 

どちらも定番商品として候補に挙がったのはビールかあるいはお肉系の詰め合わせになりましたが、やはり家庭に送るという点でみんなが楽しめそうなお肉にすることにしました。

 

年末ということでその手の関連商品というものがあったのは忘れていましたが、まあ食べ物ならばそこまで大丈夫だと思ったので、無事に発送をして終わりました。

 

後から聞いてみたところわざわざ送らなくてもいいのにと実家から連絡が来ましたが、そうはいっても親孝行という感じにもなりましたしお歳暮もいいものだと思います。

 

色々なお歳暮商品

昔はお中元とお歳暮の違いが今一つわかっていませんでした。どちらもお世話になった人への贈り物というジャンルでくくっていましたが、贈る時期が違うだけで中身はだいたい似たようなものですね。ですがお歳暮は12月という年度末を控えているだけあって、なんとなく存在感があるような気がします。

 

自分は贈る立場でも贈られる立場でもないので、テレビのお歳暮商戦ニュースなど見ても別世界の出来事のように感じます。ですが、変わり種の商品やサービス等を見ると、世の中にはいろんなことを考え付く人がいるもんだな、と楽しくなります。

 

それでも自分がお歳暮をもらうなら、やっぱり商品券が一番良いですね。趣味に合わないものよりも、自分で好きなもの、欲しいものを選べる方が嬉しいです。